製品・サービスのユーザー体験を徒然なるままに

超A型人間Gayaがユーザー体験で感じたことを備忘録として残すブログ

洗濯機設置サービスを体験

f:id:gaya_g:20170719103048p:plain

 

新居移転を機に、洗濯機(ビートウォッシュ)を価格コム経由でお店を探した。

 

選んだ店は電話対応も迅速で、設置無料サービスだったので即決。

 

家電をECで購入するのは久しぶりで、電話オペレータの対応力も高く、気持ちよく買い物ができた。

 

 

 

と、ここまでは良かった。

 

実際の設置当日の感想。

 

約束の時間帯(13:00-14:00)に来なかった。電話で遅れるとの連絡もなし。

ちょっと嫌な気になってたら、14:02にインターホン。まあ、交通事情もあるし、重い商品運んでくれてるんだら許容範囲としよう。

 

 

気をとりなおし、スタッフを部屋に通す。なるほど設置要員は2名体制だね。

 

洗濯機は大きいのので、家のドアを一度開けぱなしにせなあかんのやけど、ほっといたら扉閉じてしまう。

 

 

こんなときは、

 

①だれかがドアを開けっ放しにしておく

②ドアストッパーで固定しておく

 

が考えられるが、引っ越したばかりでドアストッパーは持ち合わせていなかったので②は選択できない。

 

残る選択肢は①となった。

 

その時、スタッフの一人がいきなりマイナスドライバーを取り出した。

 

「????」

 

一瞬意味がわからなかった。

 

スタッフはすぐに扉の前で中腰になり、下ドアの隙間にそのマイナスドライバーをはさもうとした。

 

挟もうとした時、その人が腰を落とさなかったので、スタッフの体制が不安定になり、下ドアの端にドライバーを「ゴン」とぶつけやがった。

 

「ゴン」という鈍い音がした。

 

 

おいおい、そこはちゃんと気を使えないんのかい・・・

だんだん不信感でいっぱいになって、彼らの作業を終始監視するはめに。

結局、彼らの作業内容には雑さが目立ち、減点、減点、減点。

 

洗濯機の外部パーツをフローリングに直に置いたり、スタッフが傷をつけて帰らないかハラハラした。

 

総じて雑な設置作業だったよ。

 

 

 

最安値、即納品はいいけど、リピーターになれるかといえばちょっと考えさせられた。

 

 

 

 

総評

 

最安値がどんなものか体験するには良かったと思う。

ジョーシンなら差額が2.5万。

今回購入したお店よりサービス安定しているのは想像できる・・・・

 

が、この2.5万円の便益を受けるために喜んで払えるかといえば・・・現実は躊躇しまう。

 

 

2.5万円 > 設置サービス > ◯◯ 円

 

この◯◯がいくらなのか、次回じっくりと考えてみることにする。